ニュースリリース

お客様各位

2014年4月7日

マンション・アパートの空室対策
【賃貸住宅限定】タクシーコール付単身高齢者の安否確認を開始!

宝コミュニティサービス(株)(名古屋市熱田区 代表取締役社長:笠原猛)は、このたび、(株)エー・エス・ブレインズ(宮城県仙台市 廣吉秀俊社長)が開発した安心見守システム『An・pi君』を導入し、新たに安否確認事業を開始する運びとなりましたのでここにお知らせいたします。

事業主体は、弊社の賃貸管理部門である不動産ソリューション事業部です。昨今、弊社の賃貸管理物件でも孤独死・孤立死が起きており、入居者の不幸のみならず、発見遅延によって不動産価値に大きな影響を及ぼすケースもみられるようになりました。
加速する高齢化による高齢単身世帯の急増に伴って賃貸住宅の需要が高まる一方で、こういった事故リスクを回避するために、単身高齢者の入居に二の足を踏まざるを得ないオーナーが多いのが現状です。

弊社は、オーナーが抱える不安および賃貸住宅の空室率を解消するひとつの方法として有効と考え、当事業の実施に至りました。
なお、入居者の買い物や通院といった生活支援の一助として、ボタンひとつで宝タクシーが呼べる「タクシーコール機能」も付加、本日(平成26年4月7日)よりサービスを開始いたします。

以上

宝コミュニティサービス株式会社

宝コミュニティサービス(株)の安否確認システム

人感センサーが異常を感知・通報

居室、トイレなどに設置する人感センサーが入居者の暮らしを静かに見守ります。
在宅中に一定時間動きがないなどの異常を感知した際は365日24時間対応の『宝サポートセンター24』に自動通報され、センターから入居者に直接電話で確認、安否確認ができない場合は入居者が予め登録した相手に異常をお知らせするシステムです。
当システムの大きな特長は、玄関設置センサーが外出か在宅を自動判別し、わずらわしいボタン操作(外出・帰宅等)が一切不要な点です。

宝タクシー ワンプッシュ配車サービス(無料オプション機能)

さらに宝グループならではのサービスを付加しました。ボタンをワンプッシュすると宝タクシー配車センターが受信し、折り返し確認の電話をかけて対応する、便利で安心な「無料オプション機能」です。

初期費用無料

キット料、設置費用などの初期費用は一切かかりません。利用料は1住戸につき月額2,700円(税別)です。
※契約期間は2年です(以降2年ごとに更新)

詳しくはチラシをご覧ください