ニュースリリース

2018年12月27日

お客様各位

宝交通株式会社

『運送約款』一部変更のお知らせ

宝タクシーでは2019年1月1日(火)より、下記の通り『運送約款』を一部変更いたします。
近年、鉄道会社の駅員や車掌に対する暴力行為の増加が社会問題となっており、タクシー業界でも同様の事例が多数発生しております。
当社では今回の変更により、こうした暴言・暴力、セクハラ、モラハラ、その他迷惑行為に厳正に対処することが可能となりました。
若手ドライバーをはじめとする、すべての乗務員が安心して運行できる環境を整えると共に、より安全で充実したタクシーサービスを提供できるよう尽力してまいりますので、どうぞご理解とご協力のほどよろしくお願い申し上げます。

『運送約款』の変更箇所(一部抜粋)

当社は、次条若しくは第4条の2第2項又は第4条の3第2項の規定により運送の引受け又は継続を拒絶する場合を除いて、旅客の運送を引き受けます。

車内喫煙について

当社の禁煙車両(禁煙車である旨を表示した車両をいう。次項において同じ。)内では、旅客は喫煙を差し控えていただきます。
旅客が当社の禁煙車両内で喫煙し、又は喫煙しようとしている場合、運転者は喫煙を中止するように求めます。旅客がこの求めに応じない場合には、運送の引受け又は継続を拒絶したうえで、旅客が降車するまでの運賃及び掛かったその他の料金を求めるとともに、営業を中止し車両清掃を要することによる清掃費用及び営業中止に伴う損害の賠償を求めます。

モラハラ・セクハラについて

旅客の当社の運転者に対する法令の規定又は公の秩序若しくは善良の風俗に反する行為(本条において、セクシャルハラスメント、モラルハラスメントその他の旅客の発言、行動等が旅客の意図には関係なく、当社の運転者を不快にさせ、尊厳を傷つけ、不利益を与え、又は脅威を与える行為(以下「ハラスメント」という。)をいう。)を差し控えていただきます。
ハラスメントがあった場合、運転者はハラスメントの中止を求め、旅客がこの求めに応じない場合には、運送の引受け又は継続を拒絶する他、運転者又は当社の判断において警察等へ通報します。また、ハラスメントにより生じた損害の賠償および、慰謝料を請求します。

〈本リリースに関するお問い合わせ先〉
    宝交通株式会社 愛知県名古屋市熱田区神宮四丁目7番27号
    タクシー事業部 担当:生野岳郎
    TEL:052-682-2271 FAX:052-682-2275

COPYRIGHT (C) TAKARA GROUP. ALL RIGHTS RESERVED.